• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube

アーカイブ: 2018年2月

ちょっ!まじでビックリした

 

エンジンオイル延命装置は効果あるのか?
その検証をねらったわけでもなく、
運よくみなさんに貴重なご報告をできることに感謝します。(^^*


 



PecsMark-IVを導入してから

 

4万キロオイル交換してなかった?!!

 

使っていたのは普通のオイルです。(ちょっといいヤツですがw)

 

無頓着にもほどがある…ような話で
決してお勧めはしませんが^^;

前回58,000kmでPecsMark-IVを導入していた
トヨタ・1500プレミオ1NZ-FE
昨日、久しぶりにピットイン頂いて走行距離をみたら

98,000km Σ(・□・;)

えっ?

で? 1年半、40,000kmオイル交換してない…?!(汗;

 



 

「止まるまで、動いているから大丈夫」

 

いや、そこじゃなくて・・・。

抜いたオイルはさすがにエスプレッソですが黒くはない、
強烈な廃油臭さがしそうですが鼻をつくような匂いもない。
タールとスラッジでコテコテになってるはずですが何もない。

オイルフィラーの中をのぞきこむと・・・
さすがに金属面がキツネ色ではあります。
(普通なら焦げ茶色になってるでしょうね)

 



エスプレッソが入っていたエンジンに
新しいオイルを入れても、それがまた汚れてしまうので
本命のオイルを入れる前に安いオイルで濯ぎをしました。

3.2L入れたはずのオイルは抜いてみるとエスプレッソ2.1L(苦笑)
1)鉱物油SM/CF10W-30を3L入れて30分走行。
2)これを抜いて同じオイルを1.1L入れてエンジン始動、
オイルチェックランプ消灯を確認して15分アイドリング。
3)ようやく本命にオイル交換したら
レベルゲージのオイルは透明になりました。
入れたのは国産全合成油SN(竹オイル上↑)0W-20、
市販されている全合成油よりもーちょっといいやつ。

これからも大切にお乗りくださいね、
距離を乗られるようですから、春夏秋冬
年に4回、次回はできれば 夏のはじめ頃にまたいらしてください。

 


おそるべし

 

無頓着なユーザーさん

 

おそるべし

 

「無交換型エンジンオイル延命装置・PecsMark-IV」

 



 

エンジンオイルが無交換になるんじゃないですw
オイルフィルターとして交換が必要ないという意味ですf^^w

10万キロも走ったらそろそろ取り外して内部をお掃除します、^^v
ガスケット交換して元に戻します。

 

すばらしい!

 

しかし、このペックスにはもっと重篤な副作用が w^^w

 

「加速がよくなる」

 

特別なオイル添加剤を入れなくても
エンジンが軽く回って静かになる
全域で4%トルクアップします、ヘタな添加剤よりもいいです。

オイルフィルター濾紙にオイルを押し付けるための
ポンプの圧送ロスが減るので燃費良くなる

金属粉を徹底的に回収するのでエンジンが快調で長持ちする

 

いつまでも快調で長持ちしてしまっては
新車の魅力というか誘惑の効果が薄れてしまいます。

新車が売れなくなると自動車工業会ひいては日本経済が不況になります。

不況になって新しいクルマが買えなくなると困るので

今乗っている車を快調に長持ちさせたいと思われる方、

ペックスはもとより、あれこれ お気軽にご相談下さい
出張ピットサービスも今後検討してゆきます。

050-7770-4696
マスタールウブ しまもと

512-0933 三重県四日市市三滝台4-22-7
東名阪自動車道「四日市IC」から東へ5分です
http://candge.com/lubes/

こちらの記事もよく読まれています

軽トラ・TTサンバーNAにマフラーピース♪
インプレッサGHターボ/S-GT
C-HR加速の悩みを解決!!1日で新車を超えるスーパーチューン(^^)
新型NDロードスターで実証 +14%のトルクアップ!!
新型ロードスターNDの調律・一日で新車を超えるワンディCarドック
F1のガソリンに近い?シェルのハイオクV-Power入れてみた
抜けないマフラーの対処法


candge.com



いやぁ、改めてビックリしたなぁもぉ~w

すごいじゃんっ^^w 装着したのは緑の二か所だけです。

このサンバー自体は
ワンデイCARドックのメニューほとんどを実施していましたが、
左に見えている遮熱版に囲われた二階建ての消音器…
取り外して降ろしたところでまったくほとんどそのまんま、
鋼鉄の下着で貞操帯を守っているお嬢さんみたいで^^;

以前:
サンバーDias(例の唐揚げ屋の社長)で苦労して実施した割に
ポルシェCayenneV6-3.2ほどの体感差はなかった…という評価もあったりで
この部分、2017の4月に入手した軽トラ@放置していました。

facebookの過去記事レビューなんかもあって、
思い出したのでちょっとやってみました。

左の箱の遮熱版を外さないと「緑・緑」で示された遮熱板が外れません。

で、遮熱版の留めボルトは腐って外れませんでしたので
「緑・緑」のところの遮熱板だけを外して
その隙間へ敷設しました。

S150サイズです、左右で2つね。(^^);

走ってみたらびっくりしたわ、

メチャ静かだし、
超低域からトルク出てるし、
元気に吹けるし!

そかっ、
トルクが出たから吹けるんです。

改めて納得。

ギンギンに回しても軽快に吹けます、
けど、そんなに回さなくても快適。

ここらあたりがオトナの世界なんです(爆)

テストランから戻ったのに、
更に団地内改めて走りに行ったりして
ニヒニヒ状態でもどりました。(笑)

スーパーチャージャーいらないよねwうっしっし😁
やっぱりNAで充分だったかもw

家人からは「何をニヤニヤしとん?」って ツッコまれましたけど
まぁ、いちいち報告しても「…またかw」ですから
ナンデモナイ素振りでPCに就いてブログ書くことにしました。

プレオAって貨物ナンバー
改めて欲しくなったかも^^w

よぉ~し!!
暖かくなってきたら、サンバー軽トラであっちこっち行くよっ!!^^!