• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube

新車レクサスRX270が新車を超えたワンディCarドック

先日、日曜の作業報告です。
スポーティエコをめざす、調律という名のチューン
アイドリングからシャープに立ち上がるスーパーRXに!!

納車から一週間 走行距離355kmの新車レクサスRX270
名古屋からワンディCarドックに入庫をいただきました

P1080036
前車はブーストリングを装着されたCT200hからの乗り換えです。

 

走るのが大好きなオーナーさま、

 

「走り出しのモッサリ感をブーストリングで解消したい」

というのが今回のご希望です、
確認の為にテストランで素の状態を確認すると

もっさり?

確かに仰るように走り出しは軽々と?ではなく^^;
案外アクセルを踏み込まないと
進んで行かない感じはあります。
ただ速度に乗れば逆にトルクフルです、
高速領域の余裕と静粛性は4気筒とは思えません。
エンジン音は適度に心地よく聴かせる感じで
絶妙に加速を楽しくアピールしています。

 

少しエンジンを頑張らせましたが

 

3000回転からエンジンが突然うなります、
レッドゾーンは6000あたり、
4500くらいまではグイグイ行きます
調べてみるとピストンの直径よりもストロークの方が長い
4気筒ロングストローク2700cc

普通に走る限りは2000回転で充分でしょう
ちょっと頑張らせても一瞬だけ3000、そんな感じです。
60キロ巡行で1200回転あたりでマフラーの音ゴボゴボ
トルクの谷間でエンジンが苦しむ音が気になりました。
◆最低域のピックアップが向上すればかなり楽しくなりそうです。

 

さて今回のワンディCarドック

 

ご依頼のブーストリングですが、
エンジンルームを見るとスロットルは遙か極地にあり
どこからもその姿を見ることが出来ないため
まずは最新のお薦めを容易な順に試して行くことにしました。

その1)まずは電機系の調律

AMD電磁シールド
I.オルタネータB配線へ装着
II.バッテリーマイナス配線へ装着
III.ダイレクトイグニッション配線4個に装着
IV.ECU配線2箇所へ装着

(例)I.オルタネータB配線への装着手順です

rx27amd1

シートを巻いてテープで止めます。
AMD電磁シールドはシートを一周以上巻いてテープで巻きます、
シートの端にテープを付けて巻くと簡単です。
◆同様に残りの3つのポイントの配線にも巻き付けます。

念入りに40分ほどかけて作業をしました、
工賃はAMD部費用込みで7000ほどです。

テスト走行)
いきなり走り出しからエンジンは静かで
走り出しも俊敏になっています、かなりの変化です
60キロのゴボゴボは小さな音になりました。

その2)エアエレメントを調律
ドワープをエアーエレメントにスプレーを施工

P1080069

エアエレメントを改めて装着して完了です
ドワープ、あるいはエコのミスト 3680

テスト走行)
動き出すとエンジン音と走行ノイズが減少しています
これは30分ほどの走行で徐々に色々な変化が進みます。
信号で停止すると改めてオーナーさん
「静かになっていますね」「やっぱり」
「気のせいではないようですね」
加速が更にシャープになってエンジンの音色も変わってきました
「全体に静かな感じ」
・加速をしているのにECOランプが点灯しています。アレ??
加速テスト))3000からのうなりが消えました。
4500まで確認しましたがうなりません。
例のゴボゴボ音は殆ど聞こえません。(消えてはいません)

 

もう一つの大仕事

 

その3)燃焼室へ点火の調律(ピット限定)
SBCプラグとインデクシング
スパークプラグの先端へ特殊加工を施し、
プラグの装着時に4本の向きを理想に近づけます。
この作業は2時間ほど、 工賃は18000

rx270sbc1

テスト走行)
アイドリング時のエンジンの振動と音が更に静か
DレンジNレンジ共に振動もありません。
全域で6%のトルクアップはやはり抜群の効果です、
加速テストでは4000はおろか5000を越えるところまで
一気に加速して行きます。
ゴボゴボ音はこの段階で消えました。

・走行中のこの排気音色は非力な領域を意味します。
この領域でアクセルを微妙に踏み増しても
ECOランプは消灯するけれども加速をしない、感じ。
これは解消しました、わずかなアクセルにも反応して加速をします。

・平らなところで一時停止をして発進の確認:
2000回転程度のキープでどんどん加速してゆきます
これは快適、楽しいです ^^!

 

既にこの時点で、同じ車に

「吊しで乗られているみなさんがお気の毒」

と思い始めるレベルになっています

 

 

その4)ブーストリング
さて、ブーストリング「吸排気チューン」

boostringsubbanner11

ブーストリングのページはこちらです↑

 

スロットルボディに装着したいのですが
奥の院の砦に収まっています、どうしましょう?
ちょっと時間がかかりそうです15時を回ってしまいました。

最終的には
バッテリーも撤去しなければエアクリーナー本体が摘出できず
奥まった部分へのアクセスの悪さに泣かされました。

ついに ご開帳です。

rx270br2

ようやく奥の院を見ることが出来ました。

◆ブーストリングのサイズをダミーで採寸確認
◆本体を作成。 試着してみました 現場合わせでピッタリ缶サイズ

rx270br3

そして、完成したブーストリング本体

P1080083

オーナーさんのご決断で
今回はここにもAMD電磁シールド4Lを巻きました

P1080085

あとは取り付けて部品類を元に戻します

ようやく一日の作業がほぼ完了です
あとは排気の調律によって吸排気の整合性をとります。

P1080090エンジンルームは最初見たとおりに戻りました、
樹脂カバーで徹底した 隠蔽型エンジンルーム^^;

これだけ変化をしていても
見た目には何も変わらないのは….寂しい?^^;
走る人の満足は見た目ではない、ですよね!?

 

ブーストリングのAMD巻き

 

これはAMDの新たな使用法ですが
今回は一気に「ブーストリング+AMD」なので
この部分の個別の差は確認ができませんでした、
あしからず!

ブーストリング本体 21000
AMDシート巻き4Lサイズ 5670
マフラーピースM 2500X3=7500

ようやく装着を完了してのテストは2回

テスト走行1)
猛烈に….静かです。
エンジンが頑張る音はしないのに加速している
独特の感じです。そしてわずかなアクセルで走っています。
ブーストリング本体で、低域のトルクは突出しましたが
3000から上の抜けを改良するために排気側も調律します

テスト走行2)
マフラーピースを3箇所装着して排気側にも調律を加えました。
ここまでのテスト走行で最高5000オーバーまで回しましたが
そこまでは回す気になれません、4000までで充分にお腹一杯です。

こちらがマフラーピース、
マフラーのパイプ外側に巻きます

000008今回は次の3箇所に施工しました(Mサイズ)合計7500

1.リヤ(サブ)マフラーの出口(Mサイズ+1cm)
2.リヤ(サブ)マフラーの入り口(Mサイズ)
3.センター(メイン)マフラーの出口(Mサイズ)

・瞬間燃費計がとんでもない数字を表示しています
80巡行時にアクセル固定でリッター22、本当でしょうか??
ECUが数値をエラーしているのかもしれません。
ちなみに国交省届け出値はリッター10です。

◆すべての調律作業は燃焼効率をあげるため
一貫して「エンジンブレーキの利かない感じ」になります。
そして、微妙なアクセル操作にリニアに反応するエンジン。

アクセル控えめで軽々と走る楽しさ^^♪

運転を楽しくする調律。

今回の施工費用は総額で6万円と少々でした、
朝10時から12時間近い作業で
テスト走行は最初を含めて6回で 60kmほど走りました。

ピット作業は基本的にご来社サービスなのですが
ご遠方からもありがとうございます!
今後、施工を兼ねたオフ会ツアーなんか 面白いかも知れません。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます、

くれぐれも安全運転で!!

四日市ICから東へ5分
512-0933 三重県四日市市三滝台4-22-7
マスタールウブ 嶋本  050-7770-4696050-7770-4696

◆筆者のプロフィール「部品屋のセガレ」 

candge.com