エンジンのくたびれ感どうする?スムースでなくなるその正体

オイルと添加剤?
当てずっぽうなユーザー意識を見直しましょう。

オイルのこと、「潤滑剤」という言葉のもつイメージは
「滑ることが一番」と連想されがちですが

エンジンの内部が汚れる
それだけで磨り減ったような感じにくたびれます、

これは極めて重要な部分です。→(汚れてくたびれます)

 

a0002_002424

このためクルマ好きを自負する大体のユーザーさんも

直感的に 「車は摩耗によってくたびれる」 というイメージを持たれています。

そこで、手に入れたクルマを快調に長持ちをさせたいと思うとき・・・

エンジンオイルに興味を持たれると、

・摩耗しないためには?
・オイルが熱でダメになる?
・熱に強いオイルはどれ?

webをさまよって見つけるものは、添加剤??

・境界潤滑…..油膜が切れても滑る?
・発熱を抑えるためには油が切れても滑るものを??

大体がそういった思考展開で極圧添加剤の扉を開けることになります。

☆さらに、どこで耳にされたか

ドライスタートによる摩耗という脅しも心の奥にあって

恐怖心のようなものが芽生えている方も少なくないようです。

(これは業界のでっちあげた脅しと思ってください)

 

それでは現実を知りましょう
こんなに元気になっちゃったっ^^!

空冷ビートルのエンジンサウンドも若返る♡秘策
ピストンのデトックスで若返る理由
それは汚れが取れるというだけの作業結果です。ホントです。


40年以上特別なことなくスタートさせてきたワーゲン・ビートルにドライスタートって??

あなたにもできること!

 

あそこにシュッシュが
安定した燃費のよさを保ちます!!

 

今一番ホットなおすすめアイテムはこちら

◆燃費にリアルな結果を出せる イチオシの新発見!!
さらに燃費アップ!是非、実際に感じてください!

あそこにシュッ!

 

candge.com

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)