クルマを買うと何かやりたい、ソレ燃費悪化の落とし穴です(2)

吸排気チューンということばがあって

エアクリーナーとマフラーを交換される方が多いです。
納車前に乗りもせずマフラー交換もローンに入れて
新品のオリジナルを捨てちゃうとか、…元に戻れません。

クルマを買うと安易に手を出されるのがエアクリーナー
「スポーツ用に変更」・・・スポーツ用って何でしょう?

私の認識では「意味不明」です
サーキット用、ならばわかります、スポーツって何だろう・・・?
身体に悪いこと??^^;
吸気の浄化効率を下げることが健康上好ましいということはなないためです。

これを必要とする場面のイメージが湧きません、

勝負のためならばわかります、がんばってください!!

えっ!!?549972_427429490682666_335385236_n

公道をトラックと一緒に走る、未舗装でなくても
強風や車両の往来で粉塵の舞う道路を走るとき
人間がジョギングをするときは、花粉の時期ですら細かい花粉を遮るため

マスクを装着しますよね!

機能の話は別の機会に取り上げるとして
すくなくとも「吸排気」というのは「ひとつの目的、目標」に向けて
コンビネーションとして考えて下さい、どちらか片方はありえません。

バランスを崩してしまわないように、
慎重に取り組んで下さい。

◆乗ってみていない新車のマフラーを変更して納車して貰う??

しかも、ご丁寧なことに
新車装着マフラーを納車時にディーラーで処分されてしまうケース・・・?
もしものために備えて「元に戻せるように」しましょう。

本当の無駄を排除するための方策です、ApexMegaphoneDunkBG5

オリジナルを改善するため、
そのスタンスは部品の交換を最低限度にとどめながら

少ない出費で最良を得るための「調律」という考え方があります。

ドクタールウブのオイルメンテナンス教室
DIYのための通販と快調のためのお手伝いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です